〒340-0015 埼玉県草加市高砂2-3-18(草加駅徒歩2分)

無料相談受付中
営業時間:10:00~18:00
定休日:土・日・祝

カスタマーサービスセンター

0120-679-676

確定拠出年金の配分指定書はどう書けばいい?

いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます。

Plidのジェーシーです。

確定拠出年金に加入して運用商品を決めたら、配分指定書を記入しましょう。

今回は『配分指定書の書き方』についてみてみましょう。

Step1:所定の運用商品の中から、自らの判断で運用商品を決めます。

Step2:配分指定書に記入します。
配分指定書の作成には2つの方法があります。

 Case1:加入者のID&パスワードを利用してオンライン記入
 Case2:加入者に送付された「配分指定書」に
記入

Case1:オンライン記入
Case2:配分指定書記入

※商品運用会社によって記入形式が異なります。


以上、配分指定書の書き方を紹介しました。いかがでしたか。
リスク許容度と合わせてバランスよく配分し、運用商品を定期的に見直しましょう。

 

確定拠出年金加入の皆様、ぜひ確定拠出年金を活用、資産を増やしましょうね。


『確定拠出年金』について、ご不明点やご相談などございましたら、お電話または下記お問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

 無料相談受付中

お電話でのお問合せはこちら

0120-679-676
営業時間
10:00~18:00
定休日
土・日・祝

無料相談受付中

お電話でのお問合せはこちら

0120-679-676

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。