〒340-0015 埼玉県草加市高砂2-3-18(草加駅徒歩2分)

無料相談受付中
営業時間:10:00~18:00
定休日:土・日・祝

カスタマーサービスセンター

0120-679-676

運用商品 見直しのタイミング

いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます。

Plidの広田です。

 

今回のテーマは確定拠出年金 運用商品を見直すタイミングです。

 

確定拠出年金は老後資金の準備のため、長い時間をかけて資金を積み立て運用していく制度です。

運用商品を一度選んだら終わりではなく、必要に応じて見直しをする必要があります。

運用商品・資産配分を見直すタイミングは主に2種類あります

1.スケジュールを決めて一定期間ごとに見直しをする

「確定拠出年金・残高のお知らせ」など資産の運用状況を知らせる通知が送られてくるタイミングや、誕生月など、ご自身で都合の良い一定の日を決めて資産配分の見直しをする方法です。

リスクとリターンの安定のため、定期的な資産配分の見直しが大切です。

少なくとも年に1度は、運用状況をチェックしましょう。

2.年齢やライフスタイルの変化に応じて見直しをする

若い世代の方と退職が近づいている方とでは、商品の選び方が異なります。

若い世代の方は60歳到達までまだ時間の余裕があるため、かりに一時的に運用で失敗したとしてもまだまだ挽回することができます。積極的に投資型の商品を取り入れることもできますよね。

一方、退職が近づいている方の場合、これまでの運用で着実に増やしてきた老後資金を守ることが大切です。投資商品の割合を減らし、徐々にリスクの小さい資産にシフトして安定運用を心がけましょう。

結婚、出産など大きなライフイベントに応じて見直しをすることも大切です。

いかがでしたか?

確定拠出年金に加入してから一度も見直したことがないという方も少なくないのではないでしょうか?

定期的なチェックと見直しで、リスクを抑えながら安定したリターンを期待できる運用を続けていきましょう。

『確定拠出年金』についてご不明点やご相談などございましたら、お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

 無料相談受付中

お電話でのお問合せはこちら

0120-679-676
営業時間
10:00~18:00
定休日
土・日・祝

無料相談受付中

お電話でのお問合せはこちら

0120-679-676

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。