〒340-0015 埼玉県草加市高砂2-3-18(草加駅徒歩2分)

無料相談受付中
営業時間:10:00~18:00
定休日:土・日・祝

カスタマーサービスセンター

0120-679-676

確定拠出年金 お得な税効果について知りたい!

いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます。

Plidの広田です。

今回のテーマは『確定拠出年金 税効果』についてです。

「確定拠出年金を始めると得をする」という話を耳にされたことのある方も多いのではないでしょうか。

今回は具体的にどのような得があるのかをシミュレーションしてみたいと思います。

シミュレーションの仮定

年齢50歳月額報酬1,000,000円の役員が66万円(年)を役員報酬で上乗せした場合と確定拠出年金の掛金として拠出した場合の税金の差を比較します

掛金拠出の税効果
  役員報酬に上乗せ 確定拠出年金で拠出
役員報酬(年) 12,660,000円 12,000,000円
確定拠出年金掛金(年) 0円 660,000円 ※注3
社会保険(健康保険料) ※注1 754,716円 678,552円
所得税 ※注2 1,353,492円 1,224,100円
住民税(10%) 860,300円 805,200円
税効果 ▲260,656円

 

※注1 東京の協会健保の料率を使用
※注2 所得税率には復興特別法人税を含む
※注3 確定拠出年金の口座に66万円の年金資産が積み立てられます。法人から個人への所得の移転となります。

シミュレーションの結果

確定拠出年金で拠出した場合、役員報酬で受け取る場合と比べ26万円以上の税効果、社会保険料効果が期待できるという結果がでました。

本資料は、2018年11月時点での確定拠出年金に関する法令諸規則、および実務の解釈、税法、社会保険を基に作成しておりますが、すべてを網羅するものではなく、あくまでも仕組みの概要を述べたものにとどまり、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。


いかがでしたか。
今回のシミュレーションでは1年間で26万円もの差(税効果、社会保険料効果)がありました。60歳まで積み立てると大きな違いですね。
制度をうまく活用して老後の生活に備えましょう。


 

弊社では個々の状況に即したご相談にも対応しております
企業型確定拠出年金をぜひご活用ください

『確定拠出年金』について、ご不明点やご相談などございましたら、お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

 確定拠出年金導入のお問合せはお気軽に!

お電話でのお問合せはこちら

0120-679-676
営業時間
10:00~18:00
定休日
土・日・祝