〒340-0015 埼玉県草加市高砂2-3-18(草加駅徒歩2分)

導入相談受付中
営業時間:10:00~18:00
定休日:土・日・祝

導入のお問合せはこちら

048-929-1440

よくあるご質問

53歳で確定拠出年金に初めて加入しました。資格喪失年齢が60歳とのことですが給付も60歳から受けることが可能でしょうか

62歳から給付請求が可能となります。
給付金の請求についてご説明します。
給付金請求の判定を行う際「通算加入者等期間」で判定を行います。
 
通算加入者等期間         受給可能年齢
通算加入者等期間が 10年以上      ⇒  60歳
通算加入者等期間が 8年以上10年未満 ⇒  61歳
通算加入者等期間が 6年以上8年未満   ⇒  62歳
通算加入者等期間が 4年以上6年未満   ⇒  63歳
通算加入者等期間が 2年以上4年未満   ⇒  64歳
通算加入者等期間が 1ヶ月以上2年未満  ⇒  65歳
 
通算加入者等期間が10年以上で60歳から給付を受けることが可能です。
 
具体的に示しますと、次の期間を通算加入者等期間とすることになります。
2015年10月に制度導入 当時53歳 (8/8が誕生日) 
① 2015年は10月から12月の3か月の期間
② 2016年から2021年は1年×6 この期間は6年の期間
③2022年の期間は1月から8月の8か月の期間となる。(8/8誕生日)
※注)通算加入者等期間は、60歳に到達した日の前日(誕生日の2日前)の属する月以前の期間が対象となります。
 
よって、通算加入者等期間は①~③の合計
3か月+6年+8か月=6年11カ月となります。
6年以上8年未満は62歳から給付を請求することが可能となります。
 
※注)資格喪失年齢が65歳等の設定の場合、60歳以上で掛金の拠出を行っても、60歳以降の期間は通算加入者等期間の判定の対象とはなりません。

 企業型確定拠出年金プラン導入のお問合せ

お電話でのお問合せはこちら

048-929-1440
営業時間
10:00~18:00
定休日
土・日・祝