〒340-0015 埼玉県草加市高砂2-3-18(草加駅徒歩2分)

導入相談受付中
営業時間:10:00~18:00
定休日:土・日・祝

導入のお問合せはこちら

048-929-1440

よくあるご質問

厚生年金基金を脱退し、脱退一時金相当額を一時金として受け取った場合の税制上の取扱いについて教えて下さい。

退職に基因しない一時金は一時所得となります。
 
一時所得は下記のとおり計算し、その2分の1に相当する額が課税対象となります。
 
たとえば、在職中に加入している厚生年金基金が解散し分配金を受け取る場合や、在職中に会社が企業年金から脱退し一時金を受け取る場合は退職の事実が認められない為、一時所得になります。
 
課税の仕組みとしては課税対象額を給与所得等の所得と合算して総所得金額を求め、確定申告によって収める税額を計算します。
 
一時所得の金額=
一時所得の総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額50万円

 企業型確定拠出年金プラン導入のお問合せ

お電話でのお問合せはこちら

048-929-1440
営業時間
10:00~18:00
定休日
土・日・祝